シミ・しわ・たるみができるトリプル原因(刺激)

2015.07.08
releiyou.com-editor 美容鍼について

年齢がそこそこいくと美しさの印象は顔立ちよりも『お肌』になっていきます。

若いときは顔立ちがきれいな方がもてたり人気があったりしたかもしれません。

年齢が40歳近くになって、それ以降になってくると人の第一印象は肌がキレイかどうかで
きまるらしいです!

肌の老化は自然老化と環境老化により進みます。

自然老化とは、必ずおこる現象です。

環境老化とは、紫外線・睡眠・摩擦・添加物・食べ物・たばこ・ストレスなど
きりが無いほどあります。

環境老化をどれだけ少なくするかが、老化の進行をどれだけゆっくりにするかにつながります。
皆さん
きれいになりたいから、いい化粧水やクリームをたくさん塗っていませんか?

その前に
環境老化の要因を減らす努力をする方がよっぽど経済的ですし、顔だけでなく体全体の老化予防につながりますよ

その中でもシミ・しわ・たるみを加速させるトリプル刺激があります

①紫外線による肌への刺激

②摩擦による肌への刺激

③添加物による肌への刺激

多くの方はこの3つを頑張って行って、老化を加速させているでしょう。
そこでこれら3つに対する対策をご紹介します

対策
①UVクリームで紫外線をカットする。帽子や日傘で直射日光をカットする。

②肌に摩擦を与えてしまうのは、主に顔を洗う時と基礎化粧品を塗る時、メイクをする時です。
いずれの場合もやさしくやさしく赤ちゃんの肌を触る時のような感覚で自分の肌をいたわってください。

③添加物による刺激
 無添加の化粧品を長年使用している方の肌はとてもきれいです。無駄なものが肌に残留していないです。
お肌にとっては不必要な石油系やいわゆる添加物は肌に残留しやすいため、くすみやシミ・しわ・たるみを助長する可能性もあります。

たった3つを気をつけるだけでもとても良い肌状態になります。
年齢関係なく今からでもできることですし、今からでも肌が変わります!

詳しく知りたい方は是非お待ちしております