ドクターリセラ講習会ですごい症例『ニキビ』

2015.03.29
releiyou.com-editor 美容鍼について

先日、行われたドクター講習会に行ってきました。
今回のすごい症例はニキビの方!顔中のニキビがなんと3ヶ月で無くなり、つるりん状態です!

なぜにきびはできるのか、原因と原因を作る悪化要因があります。
原因は、皮脂汚れなどが酸化することで毛穴がつまることです。そこにアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしてにきびになります。

では悪化要因は? たくさんありますよ!
①睡眠不足
 代謝が落ち、低体温になることで、酸化皮脂が残留しやすい状態になります。
 また、血流も悪くなるため、手足が冷えることにより、顔がのぼせやすくなります。

②胃腸に負担をかける
  暴飲暴食はもとより、糖質や脂質のとりすぎで、脂質代謝異常になり、皮脂分泌が活発化します。ビタミンBの不足になります。
  便秘や下痢などで腸内が悪玉菌優勢になることで、免疫力が低下し、にきびや傷の治りが悪くなります。

③喫煙
 活性酸素が増えすぎます!肌を酸化させてしまいます!

④ホルモンバランスの乱れ
女性ホルモンのバランスが整っていれば、お肌のトラブルは起きにくいです。
ホルモンバランスの乱れを引き起こす要因は、生活習慣の乱れ(特に睡眠)とストレスが大きく関わっています。

⑤間違ったスキンケア
 例えばお肌に合わないクレンジング剤や洗顔フォームを使っていませんか?
 オイルクレンジングは化粧をしっかり落としたつもりでも、実はオイルクレンジング自体が毛穴に入り込んで残留していることがよくあります。さらに、石油系界面活性剤やその他の添加物が肌に刺激を与えてしまっていることもあります。
 スキンケアで一番大事なことは、与えることよりもしっかり毛穴の掃除ができているか、ということです!これはどんな肌トラブルにも共通していることですが。

肌トラブルとなる要因をできるだけ減らし、正しいスキンケアを行うことで、最短で最大の結果を生み出すことができるのです!
悩まれてる方は是非お問合せください☆