カテゴリー 美容鍼について

シミを消すのは洗顔方法から!

2016.02.28
releiyou.com-editor お知らせ, 美容鍼について

37_250607正面37_260110正面

ビフォー                       アフター

当サロンにお越しのお客様には、常々お伝えしておりましたが、
先日ためしてガッテンでもとりあげられていたので、ご紹介いたします!

『シミは摩擦でできる』
という事実をご存知ですか?
実はシミになる原因の3大原因と言われているのが、
①摩擦による刺激
②紫外線による刺激
③科学的刺激

これら3つ以外にもありますが、多くの方はこの3つを気をつければ
改善するのです。

その中でも今回ためしてガッテンでやっていたのが、
『摩擦による刺激』でした。
顔を洗う時、化粧水やクリームを塗る時、お化粧をする時にこすっていませんか?
また、目や鼻がむずむずしたり痒かったりするとこすっていませんか?
これらの度重なる習慣がシミを作ってしまうのですよ。

また、お風呂でナイロンタオルでごしごし背中を洗っていませんか?
背中にシミがたくさんある方は、日焼けだけでなく、ゴシゴシしている方がほとんどです。

 

是非見直してみてくださいね♪

 

花粉の季節到来!お肌もびっくり!肌と身体をいたわりましょう!

2016.02.22
releiyou.com-editor お知らせ, 美容鍼について

みなさん、こんにちは。リレイユの吉村七重です。

ついに花粉の季節がやってきましたね。

世間では、マスク姿の方を多く見かけます。(風邪の人もいるかも知れませんが)

花粉症があると、目が痒くなって、掻いてしまって赤く腫れてしまったり、
お肌がボロボロになって、湿疹などがでたり、
もちろんお化粧もろくにできない…
そんなことになりませんか?

花粉症って自分の花粉の受け皿がいっぱいになって溢れたら、花粉症になるって言いますね。

今回は花粉症を少しでも軽くするための方法をお伝えします。

①花粉に極力直接触れないようにするkahun

マスクやメガネなどをする。
家の中に花粉を持ち込まない。→外で上着などをはらう。
洗濯物は外に干さない。
目や喉を洗う。
お肌は清潔にし、適度に保湿をし、刺激を受けにくくする。

自分が持っている花粉の受け皿を大きくする}。
免疫力・抵抗力を高めて受け皿を大きくする。

大きい受け皿の方の方が小さい受け皿の方より花粉症になりにくいですよね。
そこには、活性酸素・腸内環境が大きく関わっています。

活性酸素を除去することで花粉症やその他のアレルギー症状は改善されます。

【抗酸化物質を摂取する】
①最近話題の水素水
②ピクノジェノール(ビタミンCの340倍の抗酸化力)
③ビタミンC
④えごまオイルなどのガンマ3系のオイル
⑤フラボノイド
など

【腸内環境を整えるものを摂取する】
免疫の8割は腸にあります。ですから、善玉菌が多いことにこしたことはありません。
①乳酸菌(できれば色んな種類)
ヨーグルト・味噌・納豆などの発酵食品

②オリゴ糖 (善玉菌のエサになる)

③2種類の食物繊維をバランスよくとる
不溶性 野菜に多く含まれる
水溶性 海藻に多く含まれる

③正常な蠕動運動ができるようにする。
ストレスの解消
運動
など。。

このように日常生活で気をつけられることはたくさんあります。

当サロンでは、『毎年花粉の季節はヒドイ状態だったけど、大丈夫になりました。』と
9割以上の方に言っていただいております。

binkan_ny

これからの時期、お肌が大変(;゚д゚)という方は是非ご相談ください。

肌再生&美容鍼(顔の鍼)を始めて3ヶ月でこの結果!

2015.10.06

本日お越しいただきましたお客様は、3ヶ月前(今年の7月初旬)から肌再生プログラムと美容鍼を始められました。

 

このお客様は、始めはクリニックでレーザーでシミを取るかとても迷われていました。

レーザーの見積もりにも行かれたようで、大きめのシミ4箇所だけで、

1回で15万ほどかかると言われたようです。

でも、レーザー後は絆創膏を貼らないといけないし…

いっぱい小さいシミもあるし…

たるみも気になるし…

 

というようにかなり悩まれていました。

肌質はやや薄めの乾燥肌でしたから、結果の出やすそうなお肌だとお伝えしました。

 

そこで、思い切ってスタートされたわけですが、

毎回来られる度にちゃくちゃくとシミが薄くなり、キメが整い、肌にハリが出てきました!

【お客様の声】

大きなしみはもちろんのこと、小さいしみもかなり多かったのに、減りましたね~

写真を見たら、フェイスラインがシャープになっていてビックリしましたびっくり

 

ビフォー
PICT0000_20150529132958

 

アフターキラキラ
PICT0000_20151004174753

 

好肌再生&美容鍼の体験レポートはコチラ Wハート

肌を再生させるってどうゆうこと?そんなに大切なこと?

2015.10.05
releiyou.com-editor お知らせ, 美容鍼について

本日お越しいただいたお客様にこんな質問をされました。

『肌を再生させるってどうゆうこと?そんなに大切なこと?誰も教えてくれなかったから知らなかった~。

ただ栄養を入れるだけでいいのかと思ってました。』

では、解説いたしましょう!

お肌も含め、細胞は日々、細胞分裂しています。そして死にゆく細胞もあります。

お肌の断面図を見たことがありますか?tw-luxue06

お肌も細胞でできていて、老化するということは、新しい細胞を生み出すエネルギーが減り、

新しい細胞を生み出すスピードが遅くなるということです。

ですから、お肌を若返らせるには、新しい細胞をどんどん作り、いわゆるターンオーバー(肌の生まれ変わり)を

早めてあげればいいのです!

そうすることで、水分たっぷり含んだプリプリの新しい細胞で満たされ、肌にハリと潤いがよみがえるのです!

また、シミは新しい細胞ができることによってメラニンのある古い細胞は追い出され、シミが追い出され、無くなるのです!

*ここでのシミは老人性色素斑です。

本日のお客様は、『化粧水や美容液やクリームなどを補うことで、しっとりはしていた。』

とおっしゃていました。だからと言って、お肌が改善されたか、若返ったかというとそうでは無かったみたいです。

2013115036493

古い細胞に水分、栄養を与えるだけでも多少は効果がありますが、若返るところまでいくには難しいですね。

新しい細胞をドンドン生み出せるお肌にしていけば、マイナス10歳、15歳肌も夢ではありません!

 

次回は、今年の7月から肌再生プログラムをされた方がびっくりするぐらいの結果が出てきましたので、

ご報告します!

リレイユのホームホームページはコチラ    

お問い合わせはコチラ

 

 

 

 

秋本番!湿度20%を切るこれからの季節の乾燥肌対策は?

2015.10.02
releiyou.com-editor お知らせ, 美容鍼について

ここ数日で朝晩の温度が下がり、日中も過ごしやすくなりましたが、
か、乾燥が!
とあわてていませんか?ガサガサ肌になったり、ごわごわ肌になったり、しわが何か増えちゃった?

と言われる新規のお客様が増えてきましたので、
湿度計を見ると20%になっていました!

夏は汗や皮脂の分泌が活発になるため、乾燥を感じにくい季節ですが、
紫外線のダメージでお肌の水分量は減っている状態です。
でも汗や皮脂があるため、あまり乾燥が気にならないのが特徴です。

お肌の中の水分量が減っている状態に、空気が乾燥する季節がやってくると…
一気にシワになっちゃいます(>_<)

ですから、この季節はとにかくお肌に水分を与えてくださいね!
お肌に水分を与えるのは、乳液やクリームではなく、化粧水ですよ!
1回しか塗布していない方は、一度以下を試してみてくださいね。

 

化粧水を少量手にとり、お顔全体に覆うようにしみこませます。

これをもう化粧水が
お肌に浸透しなくなるまで何回も繰り返します。
化粧水のメーカーによっては、浸透力が悪いものもありますが、
あっさりとしたテクスチャーのものですと、浸透しやすいでしょう。

化粧水をコインマスクにしみこませてパックする方法もありますが、
この場合もマスクが若干乾き始めたら、上からドンドン化粧水を足していきます。
肌がもう入っていきませんよ~となるまで続けてみてくださいね。
集中ケアにはもってこいの方法ですよ(^-^)
是非ためしてみてくださいね☆

ちなみに、ドクターリセラ肌再生プログラムで肌再生して3,4ヶ月以上経つ方は、

逆に昨年より乾燥は感じにくくなってきます!肌を再生するので、若い肌細胞が出てきてくれるからなんです!

 

林真理子さんが美STで紹介しました。

2015.09.25
releiyou.com-editor お知らせ, 美容鍼について

美容通の林真理子さんは、ドクターリセラ肌再生プログラムを始めて約2年になります。

始めは、ものすごい肌の活性でリアクション(顔が少し赤くなったり、皮がむけたりすること)が出ましたが、

1、2ヶ月すると一皮剥けたつるつるお肌になったという記事を美STにて紹介されました。

林真理子さんは、マダム世代には、とても注目されているようで、たくさんの反響があり、とてもありがたく思っています。

当サロンでは、40代、50代、60代、70代…その後もその年齢に見えない美肌マダムが誕生しております!

DSC_0362    DSC_0361

 

 

秋は1年で最も老化(シミ・しわ)が進む季節です。

2015.09.21
releiyou.com-editor お知らせ, 美容鍼について

夏の紫外線やエアコンのダメージで肌が疲れている状態に、

空気が乾燥してきます。

秋のケアを怠ると、冬の乾燥が酷くなり、シワやしみができやすくなります。

美白ケア・うるおいケアが大切です。

集中美白にはスーパーホワイトマスクおススメです☆

話題の進化型ビタミンC【APPS】,フラーレン、αアルブチン…抗酸化・美白に優れています!

サトザクラ花エキス…肌の糖化対策にもいい成分です!

そんな美容液がたっぷり入ったパックです。

ホームページがすっきりと見やすくなりました!

2015.09.10
releiyou.com-editor お知らせ, 美容鍼について

ホームページを作りこんでいくと情報が多くなりすぎたり、

本来伝えたいことが伝えられなかったりするので、

すっきりと整理してもらいました!

ビタミン不足の肌症状~にきび

2015.07.17
releiyou.com-editor 美容鍼について

中目黒からお越しいただいてるM様(45歳)は
20代に入ってからずっと顔中にできている
ニキビがお悩みだそうです。

お話を伺っていると、
①乳製品が好きでよくとる。
②野菜やフルーツ等が不足している。

等、ビタミンが不足しているようでした
肌荒れやニキビには大きくビタミンが関わっているのです

ビタミンといっても、種類がありますが、
あなたは何タイプでしょう?
参考にしてみて下さい

Aタイプ
①~⑦のどれかしらにあてはまる方

①乾燥肌
②肌荒れが起こる
③皮膚が硬い
④ザラザラした肌になる
⑤爪や毛がもろくなる
⑥皮膚の感染症が起こりやすくなる
⑦夜盲症

Aタイプの方はビタミンA不足です
体内でビタミンAに変わるβ-カロテンが豊富に含まれるものを摂りましょう

β-カロテンはビタミンAとしての働きのほか、
強力な抗酸化作用によって、老化防止やがんの抑制に役立ちます

ほうれん草、人参、かぼちゃ、トマト、
小松菜、春菊などに多く含まれていますよ

Bタイプ
⑧~⑭のどれかしらに当てはまる方

⑧ちょっとした刺激ですぐに、充血し赤くなってしまう
⑨日光過敏症(ほてり、赤くなる皮膚炎)
⑩鼻先が赤い
⑪鼻周囲~口にかけて乾燥して粉をふく
⑫口唇が荒れる
⑬舌が腫れる
⑭目が充血する

BタイプはビタミンB2不足です

ビタミンB2は肌の新陳代謝を盛んにする、
血液循環をよくしたり、肌の色をよくするなど
「美容のビタミン」といわれています

モロヘイヤ、しそ、パセリ、ブロッコリー、ほうれん草、ソラマメ等
を取り入れてみてください。納豆やアーモンドもいいですね

Cタイプ
⑮~⑲のどれかしらに当てはまる方です。

⑮肌のハリや弾力がない
⑯シワができやすい
⑰そばかすができやすい
⑱肌疾患がある
⑲壊血病

CタイプはビタミンC不足です

ビタミンCには、健康な肌をつくったり、美白効果、
老化の抑制の働きの一部を担う大事な役割があります。
コラーゲンと深い関わりがあるビタミンです

柑橘類、いちご、キャベツ、トマト、にら、パセリ、
小松菜、春菊、ジャガイモなどに多く含まれています。

ちなみに、
乳製品は体に、分解・吸収するのに
ビタミンをより多く必要とします。

ですから牛乳やチーズ、バター等を使った料理の時は
普段よりも少し多めに野菜を取るのがおススメです

M様はCタイプでしたので、当サロンできちんと
角質除去(美容成分がグンと奥まで入ります!)のお手入れと、
ビタミンCのイオン導入、おうちでのM様にあわせた
食事のアドバイスをさせて頂きました

忙しくてそんなに野菜ばっかりとれない
ということで、飲む美容液といわれるピクノスタイルを
ご購入いただきました

今はお肌ぴかぴかで30代に見えるといわれているそうです

DSC_0332

DSC_0332

合成界面活性剤①~人体をむしばむ高い洗浄力

2015.07.10
releiyou.com-editor 美容鍼について

皆さん合成界面活性剤はご存知ですか
TVなどでも取り扱われていますね!

今回は私たちが知っておくべき情報を提供していきたいと思います!

「健康」「美肌」「安心で安全」気になる単語がありましたら
ぜひ、ご覧ください

人体をむしばむ高い洗浄力

合成界面活性剤には強い洗浄力があるものも存在します。
それらは、汚れをしっかり落とす一方で、
同時に肌の表面を守る皮脂や角質までも洗い流し、
さらには皮膚に侵入し細胞を次々と破壊することがあります

ある研究機関の報告によると、そういった種類の
合成界面活性剤を主原料とする台所用合成洗剤を塗ったラットが
わずか2日で死んだことが実証されています

すなわちラットに起きたことが、
人の体の中でも起こる可能性があるということです

しかし、現在、”洗浄力”を高めるために、
合成界面活性剤が使われている製品は数え切れないほどあります…

合成界面活性剤がよく使用される日用品・化粧品

洗顔料、シャンプー、歯磨き粉、漂白剤、台所用洗剤、ファンデーションなどなど…
詳しくはまた次回以降でご紹介しますが、
残念ながら私たちが毎日使っているものが
カラダを気付かないうちにボロボロにしている可能性があるんです

あなたが毎日使っているもの  実は、危険なものかもしれません。
できるかぎり、洗剤系を取り扱うときはビニール手袋を着用した方がよいでしょう。

お肌に触れるものは少しずつでも、見直していくといいかもしれませんね

下の写真は石油系合成界面活性剤、蛍光剤など不使用の
Dr.リセラ社の洗濯用洗剤、ボディーソープです
ボディーソープは天然の柑橘系の香りがして癒されます

DSC_0321

DSC_0321

DSC_0320

DSC_0320