お肌のトラブル別対策法

リレイユではドクターリセラ(Dr.リセラ)のホームケアとサロンケアによりトラブルを捨て、素肌を美しくしていく事を推進しています。ファンデーションのいらない若々しくクリアな肌を手に入れてください。

1.シミについて

肝斑(かんぱん)の特徴

年齢は30代~40代に発症することが多く、左右対称に頬骨の上や口のまわり、額にできることが多いです。薄い褐色で境界不明瞭なもやっと広範囲に広がります。 また、目のまわりにはできす、色が抜けたように見えることもあります。 原因は妊娠や経口避妊薬が発症を促したり、生理前に濃くなる方も多いことから、女性ホルモンが何らかの形で影響していると考えられています。また、ストレスにも左右される場合があり、悪循環になることもあります。

対策

身体のホルモンバランスを整えるのと同時に活発になったメラニンを抑えることが必要です。ドクターリセラのホワイトニングで毎日美白することで肝斑が改善されます。肝斑は刺激に弱いので、刺激を与えるケアをすることで悪化することがあるため注意!

老人性色素斑の特徴

紫外線の影響により肌の奥にあるメラノサイトが活性化し、肌細胞が黒くなります。子供のころは肌のターンオーバー(新陳代謝)が活発なので、シミとなって残ることはありません。 年齢とともに基底層の細胞が新しい細胞を生みだすエネルギーが減っていき、シミができてしまうのです。

対策

できてしまったシミにはドクターリセラの高濃度レチノール配合化粧品やハイドロキノン配合化粧品を使ってシミを薄くしていきます。高濃度レチノールは細胞を活性化させ、どんどん肌を生まれ変わらせていきます。 ハイドロキノンは高い美白力で、できてしまったシミを美白します。 肌は毎日老化しているため、日々のケアが大切です。 サロンケアでは、古くなった角質を取り除き、新陳代謝を高め美白していきます。 クリアな肌を手に入れましょう! これからできるシミ対策にはやっぱりUV対策です。日焼け止めをしっかり塗って、日傘や帽子などでできるだけ紫外線を防御しましょう!

そばかすの特徴

頬から鼻にかけて小さいシミがまばらにできます。色白な方や遺伝によりできる場合が多いです。小学生頃からでき始めます。紫外線を多く浴びることによって増えたり、濃くなることもあります。

対策

老人性色素斑が混在していることもありますので、老人性色素斑と同じケアを行っていきます。かなり目立たなくなるケースが多いですが、完全に無くなることは少ないです。 シミはお肌の新陳代謝を活発にすることと美白することが大切です! *肝斑はホルモンバランスを整えることと、美白が大切です。

2.シワ・たるみ

年齢とともに深刻になるシワやたるみを当サロンでは表皮・真皮・筋肉にそれぞれにアプローチをして改善していきます。

乾燥~小ジワ

健康で美しい肌 肌のバリア機能が整っており、新陳代謝が正常に促されている  乾燥した不健康な肌 肌のバリア機能が低下し、新陳代謝のリズムが狂っている

この状態で早いうちに保湿ケアをし、余計な添加物を入れないことで元の状態に戻りやすくなります。

対策

紫外線やエアコンなどによりどんどん乾燥が進むため、紫外線対策をすること、保湿をしっかりとし、直接エアコンの気流に当たらないように心がけましょう。 サロンケアでは保湿マッサージをして潤いを高めます。また超音波で血流を良くしたり、植物性のプラセンタ用エキスを導入することで改善していきます。

大ジワ・たるみ

深く刻み込まれた大ジワを全くシワが無かったことにするのは難しいです。紙をしっかり折り曲げた後に広げて伸ばしても少しシワが残るのと同じです。 表皮の細胞の潤いが抜けて、肌がしぼんだ状態に、真皮のコラーゲンが減って弾力を失い、笑ったり怒ったり日ごろの癖の表情などで同じ場所に負荷がかかりシワとなってしまいます。また、肌がたるむことによって毛穴も目立ってきてしまいます。

対策

表皮と真皮の代謝を促すためにDrリセラの肌再生を行います。表皮の一番下の基底層からどんどん肌が生まれ変わり、表皮にハリがでてきます。 さらにサロンケアでは、マイクロウェーブを使ってコラーゲンを作り出す細胞(線維芽細胞)を活性化させていきます。さらに、筋肉には美容鍼で表情筋の凝りをほぐすことでより効果が高まります。

シワ・タルミのメカニズム

シワ・タルミのメカニズムのイメージ

真皮への影響

真皮への影響のイメージ

3.ニキビ

炎症が起こるメカニズム
ニキビになる要因はたくさんあります。ひとつひとつできるところから要因を取り除き、綺麗なお肌を取り戻しましょう。
発生まで
  • 皮脂分泌の増加
  • アクネ菌の繁殖
  • ニキビ発生
外的要因
  1. 紫外線の影響で角質が肥厚する
  2. 間違った化粧品が毛穴をふさぐ
内的要因
  1. 食生活の乱れによるビタミンB群の不足
  2. ホルモンバランスの崩れによる皮脂の過剰分泌
  3. 季節の変化によってバリア機能のバランスが崩れる
  4. 過剰ストレス
  5. 寝不足
当サロンではお客様がなぜニキビ肌になってしまったのか、詳しくカウンセリングをし、改善策をお伝えしております。一概にニキビ肌といっても様々な要因が一人一人異なります。ニキビがあることでさらにストレスを感じてしまい、ニキビが悪化していく悪循環に陥っていることが多いです。少しでも早く自分に合った解決方法を見つけて、ニキビで悩まないストレスフリーな生活に戻りましょう。 また、ニキビ痕を残さないためにも自分でつぶしたりしないようにしましょう。 つぶさなくてもニキビ痕は残ることが多いです。クレーターになってしまったニキビ痕には、ダイヤモンドピーリングやクリスタルピーリングをサロンケアで行うことによって目立ちにくくなっていきます。