体は食事からできている。肌は体の鏡です。

当たり前のことを今更ですが、人の身体は食べ物でできています。
お肌は体の鏡です。
お肌ばっかりケアしてもなかなかきれいにならい方は、食べ物・栄養を見直してみてください。
砂糖や動物性脂質や食品添加物の入っているものばっかり摂取していませんか?
血液ドロドロになるうえ、腸内悪玉菌が増え、免疫力が低下しますよ。
また、悪い栄養が運ばれてくる肌は新陳代謝が悪くてくすみや肌荒れなどの原因ですよ。

昔から伝えられている「まごわやさしい」を意識してとりましょう。
まめ
ごま
わかめ
やさい
さかな
しいたけ
いも

出汁をしっかりとることで、調味料は本当に少なくてすみますよ。

子どもたちが大好きで、しかも簡単に食べられるメニューが、脂質や糖質の摂り過ぎ、栄養の偏り(野菜不足)などから、生活習慣病の危険性を高めることをご存知ですか。そのメニューの頭文字を集めたものが、「オカアサンヤスメ(オムレツ カレーライス <ア>サンドイッチ ヤキソバ スパゲティ メダマヤキ)」と「ハハキトク(ハンバーガー ハムエッグ ギョーザ トースト クリームスープ)」です。

ご自分の体、家族の体を思いやった食卓にしましょうね。

ソイージー

ソイージーとは、スムージーのようですが、中身は…
ソイ:大豆たんぱく質
イージー:簡単

ということで、植物性たんぱく質が簡単に摂れる飲み物です!

最近のお気に入りはドクターリセラのソイシェイプルと美的青汁を温かいお湯で割って、オリゴ糖を入れるんです。

ミキサーもシェイカーもいらないですよ。
忙しい昼御飯の変わりに飲むとダイエット効果もあり!食事の前に飲むと美的青汁の原料の柿の葉、桑の葉がこれから吸収する糖質の30%もカットしてくれるんです!

是非お試しくださいね。

0503-a 0503-b

ゴールデンウィークの紫外線

0502

紫外線量を示したグラフです。紫外線A波はまさに今、ピークなのです!
紫外線A波は肌の奥深くまで入ってきますので、しわやたるみに直結します。

日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、日傘をさしましょう!
日傘のさせない子育て中のママさんはつば10センチ以上の帽子をかぶりましょう!
つば10センチあればだいたい顔全体が影になり、直射日光はまぬがれます。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

今日もとても良い天気ですね。
日焼け止めをしっかり塗ってから外出しましょう!
日焼け止め効果を作るために日焼け止めには紫外線吸収剤と散乱剤が使われます。

紫外線吸収剤は…
紫外線のエネルギーを自らの中に取り込んで化学的に処理するタイプのケミカルな日焼け止め成分です。
塗っている間常に化学反応を起こすため、お肌に負担になることもあり、ほてったり、乾燥したり、肌が荒れることもあります。
一方で、透明なため、白浮きすることがありません。
こだわっている化粧品会社は、紫外線吸収剤をミルクやシルクなどでコーティングすることで、お肌に直接触れることがないようにできているものもあります。
刺激はあるが透明。

紫外線散乱剤は…
粒子(主に白色顔料)をお肌に塗ることによって紫外線をはね返すことで、紫外線がお肌に入るのを防ぐタイプのノンケミカルな日焼け止め成分です。
代表的なものは酸化チタンや酸化亜鉛です。
低刺激で丈夫で長持ちするけど、白くなる。

世に出ている日焼け止めの多くはこの2種類が含有されていることが多いです。
ドクターリセラの日焼け止めは、お肌の負担にならない紫外線散乱剤を採用しています。