Q. しみ、とれますか?

A. 表皮層にあるメラニン色素は美白と新陳代謝を高め、排出させますので、基本的には無くなります。

しかし、炎症後のシミやADMなどはメラニンが真皮層にまで落ち込んでいます。
その場合は、完全には無くならず、真皮層にある深いメラニンが残ります。グレーや紫や青アザのような色をしていることが多いです。

また、カンパンは女性ホルモンの影響で左右されます。さらに摩擦や紫外線やちょっとした刺激でカンパンが濃くなるので、常々注意が必要です。
正しいホームケアとサロンケアでシミの無い素肌を手に入れましょう!

Q. ホームケアアドバイスはどのようなことをしてもらえるのですか?

A.

[お顔に関して]

必要に応じてにはなりますが、
①クレンジングや洗顔方法
②化粧水や美容液、日焼け止めなどの塗り方
③顔筋体操、筋トレ
その他お客様のお悩みに応じてアドバイスさせていただきます。

[身体に関して]

①お客様のお悩みに合った栄養指導
②東洋医学に基づいたツボ療法
③ストレッチ
④生活習慣

その他お客様に応じてアドバイスさせていただきます。

Q. クレンジングと洗顔はどう違うの?

A. クレンジングと洗顔は基本的に役割が違います。
クレンジングは化粧汚れや皮脂を取り除き、洗顔は古くなった角質を取り除きます。

役割を考えて選ぶ必要があります。

Q. そもそも無添加って何が無添加なの?

A. 無添加の基準はあいまい。だからこそ、今使っているものがどういうものなのか、開示している製品を使うことが大切です。

無添加といっても香料無添加、防腐剤無添加、旧指定成分無添加、アルコール系成分無添加など製品によって違うことがあり、その基準はあいまいです。
そのため’無添加` という言葉だけで判断して、結果トラブルを起こしてしまうこともあります。

当サロンが扱っているドクターリセラが製品づくりにおいてこんなお約束をしています。

ドクターリセラではお肌に負担のかからない製品づくりを徹底。石油系合成界面活性剤や防腐剤、合成香料、合成着色料、鉱物油を一切使用しない製品こそ無添加という基準を設けています。

ご存知ですか?
石油系合成界面活性剤などの合成添加物は人だけでなく、自然にも影響を及ぼします。

◎ 無添加せっけん  1日で水と二酸化炭素に分解⇒微生物・魚のエサに
× 合成洗剤      21日で8割分解⇒完全分解までには10年以上

当サロンは肌にも自然にも優しく運営していきたいと思っています。

ビタミン不足の肌症状~にきび

中目黒からお越しいただいてるM様(45歳)は
20代に入ってからずっと顔中にできている
ニキビがお悩みだそうです。

お話を伺っていると、
①乳製品が好きでよくとる。
②野菜やフルーツ等が不足している。

等、ビタミンが不足しているようでした
肌荒れやニキビには大きくビタミンが関わっているのです

ビタミンといっても、種類がありますが、
あなたは何タイプでしょう?
参考にしてみて下さい

Aタイプ
①~⑦のどれかしらにあてはまる方

①乾燥肌
②肌荒れが起こる
③皮膚が硬い
④ザラザラした肌になる
⑤爪や毛がもろくなる
⑥皮膚の感染症が起こりやすくなる
⑦夜盲症

Aタイプの方はビタミンA不足です
体内でビタミンAに変わるβ-カロテンが豊富に含まれるものを摂りましょう

β-カロテンはビタミンAとしての働きのほか、
強力な抗酸化作用によって、老化防止やがんの抑制に役立ちます

ほうれん草、人参、かぼちゃ、トマト、
小松菜、春菊などに多く含まれていますよ

Bタイプ
⑧~⑭のどれかしらに当てはまる方

⑧ちょっとした刺激ですぐに、充血し赤くなってしまう
⑨日光過敏症(ほてり、赤くなる皮膚炎)
⑩鼻先が赤い
⑪鼻周囲~口にかけて乾燥して粉をふく
⑫口唇が荒れる
⑬舌が腫れる
⑭目が充血する

BタイプはビタミンB2不足です

ビタミンB2は肌の新陳代謝を盛んにする、
血液循環をよくしたり、肌の色をよくするなど
「美容のビタミン」といわれています

モロヘイヤ、しそ、パセリ、ブロッコリー、ほうれん草、ソラマメ等
を取り入れてみてください。納豆やアーモンドもいいですね

Cタイプ
⑮~⑲のどれかしらに当てはまる方です。

⑮肌のハリや弾力がない
⑯シワができやすい
⑰そばかすができやすい
⑱肌疾患がある
⑲壊血病

CタイプはビタミンC不足です

ビタミンCには、健康な肌をつくったり、美白効果、
老化の抑制の働きの一部を担う大事な役割があります。
コラーゲンと深い関わりがあるビタミンです

柑橘類、いちご、キャベツ、トマト、にら、パセリ、
小松菜、春菊、ジャガイモなどに多く含まれています。

ちなみに、
乳製品は体に、分解・吸収するのに
ビタミンをより多く必要とします。

ですから牛乳やチーズ、バター等を使った料理の時は
普段よりも少し多めに野菜を取るのがおススメです

M様はCタイプでしたので、当サロンできちんと
角質除去(美容成分がグンと奥まで入ります!)のお手入れと、
ビタミンCのイオン導入、おうちでのM様にあわせた
食事のアドバイスをさせて頂きました

忙しくてそんなに野菜ばっかりとれない
ということで、飲む美容液といわれるピクノスタイルを
ご購入いただきました

今はお肌ぴかぴかで30代に見えるといわれているそうです

DSC_0332

DSC_0332