心とお肌の関係 ニキビの方へ

こんにちは!リレイユの七重ですラブラブ

 

秋晴れが気持ちの良い季節になりましたね。

 

今日は、お肌と心の関係を探っていきましょう!

 

なかなか治りにくい肌トラブル第一位は

 

ニキビ

 

関連画像

 

です。

 

ニキビ肌でお悩みの方のほぼ100%の方が多少なりともストレスを感じている状態です。

 

逆にストレスがあっても肌に出てこないという

強いお肌の方もいらっしゃいますが。

 

ニキビができると悩む→さらに悪化→また悩む→悪化

このような悪のスパイラルが始まって、なかなかにきび肌から

卒業できない人が多いです。

 

ニキビができている自体がストレスになっている方がほとんどですが、

もとは、ニキビ以外のストレスからニキビができていることが多いので、まずは何にストレスかを把握し、ストレスを解消していくことがオススメです。

 

人にはストレスを感じやすいタイプと感じにくい、上手く処理できているタイプがあります。

ストレスを感じにくい人はハッピーだ!と思える感度が高いようです。

ちょっとしたことで、幸せを感じられるようになるとストレスも減るでしょう。

 

また、恋愛をすると女性は綺麗になると言われています。

恋愛をすると気分が充実し、ホルモンバランスが整うことで綺麗になると言われていますが、恋愛だけでなく、心から楽しい!ハッピーだ!と思えるような状態だと女性は綺麗になると言われています。

「恋愛」の画像検索結果

 

 

 

心がハッピーじゃないと肌の免疫力は低下する

 

恋愛をしている女性は肌がツヤツヤと潤っている印象があります。これは肌にハリが出ただけではなく、肌の免疫力がアップして外的刺激などから肌を守ってくれるからと言われています。

免疫力は、肌に美容液などをつけたからといってアップするものではありません。

肌の免疫力を司る細胞とは

肌の免疫力を司っている細胞を「ランゲルハンス細胞」といいます。このランゲルハンス細胞が正常に働いている時、防護ネットのように細胞が張り巡らされ、外的刺激が肌に当たらないようになっています。

しかしランゲルハンス細胞の力が低下していると、細胞同士の間に隙間ができて防護ネットの役割を果たさず、肌に刺激が与えられることになります。

肌の免疫力は神経細胞とつながっている

肌の免疫力を上げるには肌に美容液などをつければアップするだろうと思ってしまいますが、実はそれだけでは肌の免疫力はアップしないということが分かりました。

 

1993 年、資生堂は肌の免疫を司っているランゲルハンス細胞を介して、肌と心(脳)が密接につながっていることを科学的に立証した世界的な発見※4 をし、神経免疫皮膚内分泌学(NICE)という新しい皮膚生理学の分野を創出しました。※4 論文掲載科学雑誌 Nature; 13 May, 1993

 

 

つまり、肌の免疫力であるランゲルハンス細胞と神経細胞が繋がっていることが判明し、表面だけのケアだけではなく、心の状態も肌に影響していることが分かりました。

表面だけのケアをしても、心がハッピーじゃないと免疫力はアップしないということになります。

 

免疫力はストレスによって低下する

肌の免疫力であるランゲルハンス細胞は加齢によって低下すると言われています。免疫力自体、加齢によって低下すると言われていますが、その中でも1番免疫力の低下に繋がるのが「ストレス」です。

心にストレスがあると肌ダメージを沈静化する力が低下し、免疫力も落ちていきます。一生懸命表面ケアをしていても、心にストレスがあるとその効果はほとんど得られず、肌の免疫力がどんどん低下してしまいます。
また、ストレスによって新陳代謝が低下し、毛穴に皮脂がたまりやすくなったり、活性酸素により皮脂が酸化することで、毛穴を塞いでしまい、そこからニキビが発生することもあります。
さらにはホルモンバランスが崩れることにより、皮脂の分泌量が増え、皮脂が酸化して毛穴を詰まらせしまいます。
「ストレス」の画像検索結果

 

お客様にも、仕事のストレスをずっと抱えていて、お顔全体にニキビがある状態の方が、転職をしたら一気にニキビが治っていった方がおられます。
では、私の仕事は何だ?ってことになるのですが、
そんなストレス状態でも適切なケアをすることで肌が改善するという希望を見せてあげること(本当に改善できます)や、ご来店の際にはストレス解消できる状態を作っていくことです。
ニキビ肌の方は色々な美容方法を試しても効果が見られなかったという方ばかりです。ですから、お肌が変わるという希望を見せてさしあげることはとても大切なことなのです。
そんなことを言っている私も7、8月くらいに10数年ぶりにニキビが多発。この年齢(35歳)でできるの?と思ったくらいです。
やはりストレスはいけませんね。今はやっと治る兆しがみえてきました!
この年齢でニキビができてしまうと、ニキビ痕問題が大変です。シミが残らないようにお肌のケア頑張ります!!
この機会にニキビでお悩みの方の気持ちが再度確認できましたおねがい
自分の肌荒れも今後のお客様の肌改善に役立てればと思っていますウインク
{CA0B01A1-03A2-42E6-A1ED-234E020DCB0D}

ハッピーをたくさん感じる毎日を送りましょうラブラブラブラブ

生きるのに必要なこと

こんばんは!リレイユの七重ですラブラブ

 

突然ですが、ホリエモンってぶっ飛んでるけど、

いつも話を読んでいると、あー人生何でもありだなって思う。

 

今日も下記記事読んでて思いました。

http://toyokeizai.net/articles/-/51523

 

私、最近本当にドラマみたいな人生だなって思うけど、

ホリエモンのこと考えると、まだまだドラマ化難しいな、

と思うほどにニヤリ

 

たいていの人って(私も含め)

たとえば30歳で結婚して、40歳で家を買って、50歳で子供が成人して……と長期的視点で人生を思い描くことで、計画的に物事を進められたり、安心感が生まれたり。

 

こんなこと考えているけど、

行き当たりばったりで、その時全力で楽しめば後悔の無い人生になるのかな、と思いました。

楽しくないことも全力で取り組めば後悔しないかな、と思います。

 

計画的に考えても計画通りいかないこともあるし、

突然現れる素敵な出来事もあるし、

降って沸いたような話が出てくることもあるし。

 

そうそう、こないだも

「将来の夢ってありますか?」

って聞いたら、

「1,2年でやりたいことはあるけど5年後10年後はわからない」

っていう人も。

 

今まで計画的に長めのビジョンを考える思考癖になっていたけど、

このご時勢、どうなるかわからないし、突然地震とかくるかもしれないし、やりたいことを一つずつやっていこう!って思えるようになりました!!

 

ホリエモンは「生きるのに必要なこと」って結局、今を楽しんでいるかということで、

ふだん私たちが生きていくうえで大事だと思っていることが、そうでもないんだなと思いました!

 

私としては、生きるのに必要なものはあんまり無くて、

人間性とコミュニケーション能力があれば生き抜いていけるのかな、

と思いますねウインク

あの人、一体何者?そう思われる女が、今正しい!

こんにちは!エステ鍼灸サロン リレイユの七重です!

 

25ans(ヴァンサンカン)女性のファッション誌を読んでいたところ、

 

【あの人、一体何者?そう思われる女が、今正しい!】

という題名が飛び込んできたので、

ご紹介しますね。

(斉藤薫のBlack Beauty)

せっかくなので、ほぼ全文を。長いので、興味ある人だけどうぞ!

最後に私の感想も少し書いてます。

 

 

自分が世の中からどう思われているかなど、全く考えていない、どうでもいいという潔さもあるのだろう。でも、何か時々は、他人の目で自分を見つめてみるべきではないか?

今、この時代、どこのどの服を着ているかとか、どんな髪型をしているかとか、そういう形あるものより、むしろ存在感の方がよほど重要な評価の基準になっているから。とりわけパーティーのような場面では、ドレスより何より、本人から醸し出されるオーラの方がよほど目を惹く時代が来ているということなのだ。

なぜならば、日本の女は20年前とは明らかに違う。かつては、ドレスをいかに着こなし、その場でいかに浮かないか、そういうことに心を砕いていたのだが、場数を踏み、経験を重ね、言ってみればどこに出ても堂々としていられる女が一気に増えた。女が女としてめざましく進化したのだ。ファッションでなく、見た目だけでなく、気配そのもので人目を惹くことができる、一つ上の次元の女性が増えたのである

でも逆に言えば、なかなか難しい時代に入ってきた。気配の引力…、こればかりは、鏡に映らないし、どこかで買えるものでもない。

準備できるものではないからだ。一つだけ確かなのは、ただそこにいるだけで「彼女は一体何者?」と囁かれること。ただすれ違うだけで「彼女は何者?」と思われること。もちろん“何者”感に良い意味も悪い意味もあるけれど、今時は、胡散臭さに対して皆過敏で、“何様な人”も“怪しげな人”も瞬時見分けて近づかないのはもちろん、感心すら持たない。

逆にそういうふうに、世の中が人の気配を瞬時に見分けれれるようになったからこそ、今は気配美を競う時代になったのだと言ってもいい。

「彼女は一体何者?」それは、只者ならない背景を持つはずの人に対しての、抑え切れない興味と感心。異性だったら一目惚れしているかもしれない強烈な惑い。一瞬で生まれてしまう憧れと嫉妬。そしてもう少し眺めていたいと言う単純な美意識。そうしたものがない交ぜになって生まれる疑問こそ、「彼女は一体誰なの?」

自ら「私はこんな女よ」とアピールする人は誰もそういう感心を持たないのだろう。神秘的だからこそ誰?誰?と知りたくて仕方がなくなる。ものすごい気配を放ちながら、名乗ろうとしない、そこにただならぬ存在感と言うものが生まれるのだ。

ある高級レストラン、化粧室へ行くとその人を見かけた時、彼女は一体何者?と思った。同席していた人も同じように思ったのだろう。「彼女は一体何者?」と口にした。また別の同席者答えを持っていた。彼女は世界的な音楽化の妻だった。ちゃんと答えはあるのだ。彼女もまた著名な演奏家であった人。やっぱり只ならない人だった。

気配は嘘をつかない。気配はその人の背景を語り、その人の厚みや奥行きや魅力や、どうにもごまかしの効かない存在感を語るのである。彼女は誰?と思ったら、必ず何者か、である時代。だからこそ、ただひたすら美しさを追求するだけではまずい。人を一瞬で惹きつける気配を身に付けないといけない時代であると思うから。

さて、気配は買えないと言った。だけれども、光を作ることはできるはず。その一つの方法が、文字通り“発光する肌”をつくる次世代のスキンケア。***********

正直、遠目からも彼女は何者?と言う只ならなさを生むはずなのだ。

そしてもう一つ、やっぱり口紅。他には何もいらないというほどのインパクトをもつ赤い口紅を堂々と纏(まと)った時、10代でも“何者感”が出てしまう。

 

 

これを読んで納得した。

3月に私の取り扱っているメーカーと協賛でお客様を招待してパーティーをしたのですが、

その時に、お客様が城嶋常務を間近で見て以来、

「あの年齢であの美しさは、一種の化け物だよ~。」

とご来店の度に大絶賛されている。

 

上文に、“何者感”はお金で買えない、準備ができないと書かれているが、

日々の努力とその正しい努力をするために美への投資を惜しまず行っていること、内面から輝く心と仕事への情熱【内側から放たれる美】

 

が“何者感”につながっているのではないかと思う。

 

というわけで、“何者感”身に付けたいですね~。すぐに醸し出すことはできないので、一歩一歩前へ進んで行こう!