紫外線対策とビタミンD生成方法・しみ予防

お問い合わせはこちらから

LINE@
メールでお問い合わせ
webからご予約頂けます。初めての方は初回割引がございます。

LINE@

しみ予防・しみ美白とビタミンD・紫外線対策の関係

こんにちは!リレイユの七重です。

雨が降ったり、暑くなったりと、不安定な日が続きますが、

いかがお過ごしでしょうか?

梅雨があけると、いよいよ夏本番ですね!

日焼けが気になる季節です。

まずお伝えしておきたいのが、【健康】で過ごすためには、

ビタミンDが必要です。

ビタミンDはカルシウムの吸収を促して、骨の生成に必要不可欠なビタミンDです。

しかし、体内では作れないので、紫外線に浴びたり、食べ物で摂取しないといけないです。

骨を作るときに主に使われるビタミンDはD3と言って、食べ物(きのこや小魚)とはまた違ったビタミンなんです。

ですから、紫外線は1日15分くらいは浴びた方が骨にもいいですし、癌予防にもなります。

でもシミは作りたくない、、、。

色白でいたい。そんな風に思われたら、

紫外線を浴びるのは全身のどこでもいいので、手でも大丈夫なのです。

ですから、お顔は、日焼け止めを塗っておくといいでしょう!